手帳のデイリーページをつくりはじめた

この記事でちょっと触れてた神戸派計画のノートをしばらくバレットジャーナルに使っていたのだが、あまりに字ばかりで雑すぎて気持ちがのらなくなり、続かなくなったのでもっとかわいくすることにした。

もうね、まずハンコを買った。日付回転印なんかかわいい回転印のやつ。日付回転回転印はゴシック体のものが多かったので何とかして明朝体のかわいいのを見つけて買った。なんかかわいいやつは”TODAY’S MOOD”という面があって自分の調子を記録できるのいいな~と思って買ったのだが、毎日回転印を出すのが面倒でチェックボックスと見出しを押すのに使っている。左ページの青緑色のものが日付回転印で、赤色のものがなんかかわいい回転印の模様である。

ハンコを買う前のものだが、中身はこんな感じ。左ページはTO DO LISTと予定で、右上に天気と体調、右の真ん中が目標、右下がつぶやきを書き込むところ。

空いたところに買ったまま使われることのないシールやマスキングテープをもりもり貼っていく。これは特にかわいくできたので気に入っている。

なんとなくシールコラージュなどに苦手意識があり、「なんでも枠とかを描けばいいのでは……」と考えていたのだが、自分の線ではないものや枠が設置できるとなんとなく気分が上がるというか、自分のノートの中に他人を招いている感覚があり、おもしろい。そこに自分の字でやることや天気や目標を書くと、他人の枠の中で自分の自が泳いでいるようで気分がいい。

日曜など、あんまりノートを開かないときは右ページは一筆箋のみにしている。

ものすごい小さくタスクをずっと書いておくと、何かをやるたびにノートを開き、開くたびに好きなシールや付箋が見られるので気分が良くなっていい。

デイリーページで使ったお気に入りの文具情報を貼って終わりにする。神戸派計画のグラフィーロノートは多分もっと万年筆でもりもり書く用のノートなのだが、まあ、仕方がない。こういう形で活用させてもらうことにした。

3

【進捗管理】文学フリマ東京38新刊雑誌

この記事は

表題のイベントのための雑誌作業の進捗管理記事です。個人サイト「箱庭ディペンド」さんの進捗管理記事がいいなと思ったので、自分でもやってみることにしました(リンク不可でしたらご一報ください)。

出すイベント

文学フリマ東京38

以下進捗

  • 2024.03.09

    『黒群にて』 やっと小説のプロットを考えようとしている。ひとまず前回号に載せたやつを読み直した。 登場人物のキャラクターがすごくあやふやなのでどうにかしたい。 眠すぎて一時間寝てしまった。

  • 2024.03.12

    『黒群にて』プロット続き。 そういえば気軽に書こうと思っていたことを思い出した。思い出した途端割とプロットが進んだ。出来事は決まっているから、一つ一つを小さい短編のようにしてそれをつなげられればいいのだと思う。 もうちょっと二人のことがよくわかりたいが、これは書き始めてもいいのかもしれない。

  • 2024.03.16

    小説『黒群にて』続き。463字。 ひとまず書き始めたが、途中で強烈根眠気に襲われ作業続行を断念。 書き始めはいつも苦しいが、重要だからこそひとまず書いてあとで直すのだとはやみねかおるも言っていたので、頑張ろう。

  • 2024.03.17

    小説『黒群にて』続き。 +784字。何とかのろのろ進んでいる。 表現の繰り返しがどうしても多くなってしまう。あと句読点の打ち方は未だに難しい。紅玉いづきが読点を過剰に使っていたころが好きだから、どうしてもそうなりがちである。 『黒群にて』は基本回想の物語なのだが、今日は現在時間軸のものを書いた。つぎからは過去時間軸のものに戻る。

  • 2024.03.18

    イラストページ。 25分ずつ切ってラフを描いている。四ページ分もう描いていたので今日は三ページ描いた。三ページ目はさすがによくわからなくなっていた。今日は空腹すぎるのでこれで終わり。

  • 2024.03.21

    小説『黒群にて』続き。 過去時間軸の話に入った。824字。 静馬が東里のことばかり考えているので静馬の詳細がわからず不思議になっている。もう少し静馬のことがわかるように書きたい。

  • 2024.03.22

    小説『黒群にて』続き。 1,021字。多くのものを没にしたのでどうなるかは不明。とにかく書き進めるしかない。思ったことは書いて、無駄なものはメモとして別に保存して書き進めていく。 何とかなってほしいものだ。

  • 2024.03.23

    小説『黒群にて』続き。 2300字。結構進んだ。思わぬ展開になったのでどうなるかは本当に分からない。 書くのは楽しい。だんだんリズムができてきた。

  • 2024.03.25

    小説『黒群にて』続き。 2300字。 地の文が楽しいかもしれない。だんだん進んできた。シーンが一つ終わった。 東里の外見描写ができたことによって東里のことがわかってきた。

  • 2024.03.26

    絵が一枚進んだぞ!!!!!!!!!!!!!たすかる ほんとうにたすかる このペンを大人買いしてたまに使っている https://yumingli.gumroad.com/l/jasdn

  • 2024.03.27

    カラーページ8ページ分のラフが終わったぞ!!!! 最近微かにダイエットをしていて夜に糖質をとっていなかったのだがそれをしていると頭が全く働かず絵がかけないことが分かったので、今日はスパゲッティを食べた。ら、描けた。ほどほどに食うべきだと思った。

  • 2024.03.28

    小説『黒群にて』+1185字。現在8000字。前は12,000だから字数的には一号分終わりそうなのだが、話の内容をもう少し進めたい思いがる。 一枚ラフを描きなおした。 雑誌を連続で買う層ってそんなにいないと思うので『黒群にて』をあんまり連載として続けたくないのだが、なんだか今回も終わりそうにない。続けるにしても、まいかい一話完結みたいにできるのが理想である。推敲で何とかしたい。今回は文フリだから雑誌の数だけ黒群にて1話の単体のコピー本をつけてもいいかもしれない。手間だが……。

  • 2024.03.30

    小説『黒群にて』+1413字

  • 2024.04.01

    小説『黒群にて』+830字。 結構進んだと思ったら節の締めが思いついただけで別に字数的にも内容的にも進んでいなかった。 今号の過去編はこのくらいかもしれない。現在時空でもう少し話を進めて終了の予定。

  • 2024.04.02

    絵を一枚進めたが、なんだかぼやぼやしている気がする 今日は3時間しか眠れてないのでさもありなんという感じだ。

  • 進捗はこんな感じ。がんばってくれ~。

  • 2024.04.06

    小説『黒群にて』+1700字 なんか急速に終わりに向かいそうだがこれ突然すぎやしないか?!

  • 2024.04.09

    小説『黒群にて』+180字 どうにかなりそう ちゃんと頑張ってほしい。朝活成功。

  • 2024.04.14

    絵がもう一枚終わった。本当によくわからなくなってきててもしかしたらスランプかもしれない!!! モノクロで使ってた手法をカラーにもどうこうできないかな~と考えて描いていた。

  • 2024.04.17

    絵①がわりとすすむ。良い感じ。絵②は線画ありのものにすることにしたのでクリップスタジオで作業。わりかし線がいい感じ。

頑張っています。

,
9

バランスを取りかねている

連続テレビ小説『虎に翼』を観始めた。アマプラで第一週目が見られるからそこから追いかける心づもりで、今5話目である。

本記事は、『虎に翼』を見てことをきっかけに刺激された、主にフェミニズムに関して普段からうっすら考えていたことを書きつけるものになっている。主に男性について話している。あんまり『虎に翼』の話はしていません。

本記事を読む前に

私は十年前くらいにフェミニズムというものの存在を知り、上野千鶴子の著書やその他フェミニズムに関わる書籍を読み、Twitterで各種運動をみたり、ポリティカルコレクトネスを意識したり、各種女性の活躍を支援する団体の主催する会に参加した時期があった人間である。時期があった、と書くのは、あれから時が経ち、触れる情報が増えたり種類が変わったり、平成から令和になったりして、今、葛藤の中にいるのでそのように書く。したがって、以下に続く内容はフェミニズムの考えに賛成する者のフェミニズム的主張を目的とした表現(例えば『虎に翼』の描写など)に必ずしもすべて賛成するものではないことを断っておく。

冒頭から最後まで、法律・給与格差などの制度の話は対象外とする。経済的・社会的に不利があることに関しての主張については言及しない。

記事内で以下のnoteについて言及している。該当記事を読んだうえで購入の如何を判断してください。

微かなダイエットとウイスキー

微かにダイエットをしている。もはやしていた、という方が正しいかもしれない。

常々言っているが最近本当に体が重くなってきているので、「満腹を目指さない」「夕飯はなるべく20時前くらいに済ます」「できれば夕飯はおかずのみにする」「スクワットをほんのりやる」らへんのことをやっていた。本当に微かなダイエットである。

しかしそんな時にも酒が飲みたいときがある。お酒を飲んで話したい友達もいる。から、本当に気休め程度なのだが酒の中では比較的カロリーが低い?と言われている蒸留酒にチャレンジすることにした。前から周りの友人にはウイスキーが好きな人間が多く、「熱燗が飲めるならウイスキーも飲めると思うよ」と言われていたので試してみたかったというのもある。

ウイスキーというものは味もそうだが、カパカパ飲めないという点で私はだいぶ引っかかっていたのだと思う。酒を飲むようになって長くなってきたが、未だに体内に摂取する液体を「飲み物、水分補給のもの」と認識していて、グッと飲んだら最後喉が焼けてしまうようなウイスキーに、味の好み以前の違和感があった。

今はダイエット中だから酒をもりもり飲むわけにもいかないので、ちびちびとしか飲めないウイスキーは逆によかった。これできちんと酔えるのだからありがたい。楽しい気分にはなりたい。

最初に飲んだのは「デュワーズホワイトラベル」というもので、遊びに来た友人が持ってきて冷凍庫に放置されていたものを飲んだ。口当たりが軽く、たいそうおいしかった。ただ軽すぎてどんどん飲んでしまうので、自制心が必要だなと思った。

次に人から教えてもらった「オールドパーシルバー」を飲んだ。デュワーズホワイトラベルよりも喉にカッとくる感じが強く、ストレートはおろかロックで飲むのもなかなか難しかった。「熱燗好きならお湯割りも好きだと思う」と言われたことを思い出し、お湯で割って飲んだ。おいしかった。

知多を適当に飲んでよくわからないなと思って以来ウイスキーはずっとわからないままなのかと思っていたが、なんとダイエットという謎の方向から私とウイスキーの交流は再開された。なんだかものにはいろいろな出会いがあるのだと思う。

微かなダイエットはそろそろ一ケ月が立つ。体重はほんのり減った。顔周りの丸さがどうにかなってほしい。それはそれとしてケンタの和カツが食べたい。

4

孤独にものを愛することは難しい

自分がTRPGを遊ぶために作ったキャラクターや、オリジナル作品として作ったキャラクターを愛するのが難しい。

私の行動や感情は基本的にインターネットに流されている。空腹で辛いとか、今は生理前でひどい気分だとかいうことさえ文字になって流れていく。私の感情は基本的にすべて文字になっていて、それは翻って文字にできることを感情と認知しているくらいのレベルまで行っている。