本の隙間の路地にて

本記事は、Booknook Advent Calendar 2023の16日目の記事になります。

自己紹介

小渕リツ子(おぶちりつこ)と申します。絵を描いたり個人サイトを運営したり手帳を集めたりしています。最近のブームはこねないパン作りです。なんもやってない日に罪滅ぼしのようにパンを作っています。

Booknookにはvol.1からvol.3まで各回参加しております。私なりにBooknookをどう楽しんだかといったことについて書いていこうと思います。

締め切りが欲しかった

Booknook vol.1が開催される2年ほど前から、私はある本の制作をしていました。二次創作のイラスト本ですが、自分にとってそれはすごく大事な作業で、納得がいくかたちに仕上げたいという思いがとても強いものでした。

しかし、イベントなどの締め切りがないとページ数も決まらず、ゆえにゴールも決まらず、思いつくものを順々に描いていくばかりで終わらない日々がそこにはありました。すでに完結しており、さまざまなメディア展開も終了している作品だったので、いわば新しく燃え上がるような機会もない状態。ついつい現在の趣味に気がそれる……ということも多くありました。

このままでは完成しない。なんとかしないと、と思っていたあたりで、「webイベント」という文化が私の耳にも入ってきました。フォローしている方が参加することも多くなっていき、どうやら調べてみると参加者側のコストはオフラインイベントほどかからないということがわかってきました。こういうものに参加するという形で締め切りを決定し、制作していけばいいのではないかと思いつきました。

オンリーイベントが主流の中開催が予定されているオールジャンルイベントの中、ふと目に留まったのが「Booknook vol.1」でした。やや鈍い緑色にがさっとした線の本のイラスト。一見オリジナルオンリーかと思わせるような硬派さでしたが、概要には以下の文言が書かれていました。

・WEBイベントの参加が初めてで不安。
・取扱いジャンルが多く色々出品したい。
・ジャンルがマイナー。
・カップリングがマイナー。
・活動が活発じゃない。
・直近に自ジャンルのイベントが無い。
・WEB出店の流れを体験したい。
・雑多なジャンルのイベントが好き!
・蚤の市のような雰囲気が好き。
・原稿の進捗を公開したい。
・告知がしたい。
・応援してほしい。
・推しの布教をしたい。
・新しいジャンルを開拓したい。
・オフイベント参加が難しい。
・推しの誕生日をお祝いしてほしい。
・自分の誕生日をお祝いしてほしい。

等々……
WEBイベントが初めてという方でも
マイナージャンルでも、知り合いがいなくても
ふらりと立ち寄っても、どなたでも気兼ねなく
楽しめる機会を設けました。

Booknook vol.1 ピクトスクエア概要ページより

WEBイベントの参加が初めてで不安。直近に自ジャンルのイベントが無い。活動が活発じゃない……

私のことではないか!と思うほど需要にマッチしたイベントでした。締め切りもまあまあどうにかなりそうということで申し込み、本の制作に取り掛かることができました。

会場準備、アバター準備

ピクトスクエアでは自作のアバターを歩かせることができるので、せっかくだからということでアバターを準備しました。

スペースも制作している本の原作イメージに。

また、webイベントで自分のことをよく知ってもらえたら嬉しいと思い、自己紹介ページも作成しました。

これらはBooknookへの参加がなければやらなかっただろうなと思うことばかりです。

当日:スペースをチェックしてみて回る

Booknookはかなりスペース数の多いイベントとなり、全部回ることは目標にしつつ、事前のチェックがあるとより楽しいかもという規模でした。

運営さんからのテンプレートもあるからこちらも安心。Twitterのタグの整備もされており、ハッシュタグを見ながらサークルをチェックするのも楽しい時間でした。

サークルカットやスペースの雰囲気、お品書きを見て気になったところには入って作品を見ていました。Booknook vol.1の半年前に初めて参加したオフラインイベントでも思ったのですが、イベントというものは「こんなにたくさんの人が、それぞれ創作活動をしている」ということを感じられる素敵な機会だなあ、としみじみ思います。創作キャラクターの展示をしている方、自分がハマっているジャンルのおすすめシートを出している方など、初見であることを前提にお知らせをして下さるサークルさんは特に見ごたえがありました。

ピクトスクエアには「書き込みボード」というものもあり、書いてみたり、書かれてもらったりと、それも楽しい営みでした。

開催場所をとらのあなウェブオンリーに移したBooknook vol.3でも、こんな感じで反応を頂けました!うれしかった~

視覚的にいろいろなスペースを行ったり来たりできるピクトスクエアの形式も好きですが、とらのあなウェブオンリーの形も、サークルカットを一覧化できてすごく便利で楽しかったな~。

参加者と話す

こちら、ウェブイベントでは期待できないかな~と思っていたのですが、vol.1,vol.2のふたつで経験ができました!

私はコアタイムは割と自スペースでうろうろしていたのですが、話しかけてくださる方もいらっしゃったり、私が来てくださった方のプロフィールを拝見して「○○で活動してらっしゃるんですか⁉」と話しかけたりして、会話ができる機会もありました。個人サイトをやっている方ともお話しできて、とてもたのしかった~。

スペースに伺った時に話しかけてくださる方もいて、その方と縁あって今では月1ペースでオンライン飲み会をしたりなど、貴重な機会を頂けている……。

参加者特典を使う

Booknookvol.1-vol.2では、指定時間内にアンケートに答えるとお得に印刷が発注できるというプリペラさんとの協賛特典がありました。私が2023年5月から制作している個人雑誌「渦転」がでているのはこれのおかげです!!!

もともとプリペラさんは知らなかったのですが、温かい対応と見積もりシステムが非常に使いやすい印刷所で、いまでは大好きな印刷所です。表紙用紙テンカラーエンボス皮しぼとの出会いはこの印刷所でした……本当にかわいい……。

こちらの特典、期限が半年となっており、「原稿落とす……?でも特典使いたいし頑張ろう……!!!」という目標にもなりました。本当に助かっています。

vol.3ではBooknook出展の作品が一つでも入っていたらとらのあな通販割引という特典があり、今回もばっちり使わせていただきました。いや~……助かる……。

終わりに

Booknookのおかげで、本も出せたし、人と出会えたし、新しく本を作る同期を手に入れられたし、萌える本も購入できたりで、感謝でいっぱいでございます。

ピクトスクエアでの件もあり、当分充電期間とのことですが、これからも応援しておりますし、もし参加する際は、上記のように楽しみつくしますとも!今後もよろしくお願いいたします。

10